更年期障害になってしまったら?知っておきたい更年期障害のこと

更年期障害について

更年期障害とは

更年期障害について記載しています。更年期とは女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止した後、女性ホルモンが欠乏した状態で体調が安定するまでの間のことを指します。

具体的には閉経の前後10年ぐらいの期間を指しています。現在日本人女性の平均的な閉経年齢は51歳ぐらいと言われていますので、だいたい40代半ばから50代半ばまでの期間が更年期にあたります。しかしながらこれには個人差が大きく早い人では30代後半から卵巣の機能が衰え始め更年期障害といわれる症状になる人もいます。

では、更年期障害とは具体的にどの様な症状をいうのでしょうか?思春期の女性の卵巣には数十万個の卵胞があります。しかし40歳頃を境目に卵胞の数が急激に減少しはじめ、50歳頃には数千個までに減少するといわれています。これは卵巣の機能が衰えてくることと関係があるといわれています。

それまで卵巣から分泌されていた女性ホルモンの量が減っていくことでホルモン環境が変化していくのです。更に卵巣から十分に女性ホルモンが分泌されないにもかかわらず。脳下垂体からは性腺刺激ホルモンが分泌され更に女性ホルモンのバランスが崩れます。

こうした女性ホルモンのバランスが乱れることで自律神経の働きや情動まで影響を受け、心身に対して様々な症状が襲ってきます。これが更年期障害といわれる症状です。若い頃に無理なダイエットを繰り返したり、不規則な生活や偏食を続けていた人は体力の衰えが見え始める30代後半に女性ホルモンの乱れの兆候があらわれ更年期を迎える人もいます。

更年期障害の最初の兆候は月経の乱れです。月に2回月経がきたり、回数は増えたが月経血そのものの量は少なくなったりします。この時期を過ぎると今度は月経の周期が乱れ始めます。月経の周期が短くなったり長くなったり、また一度月経が始まるとダラダラと続いたり逆に短期間で終わったりといった様々な症状を起こしやがて閉経を迎えます。

一般的には1年以上月経が粉ければ閉経と考えられます。この月経が乱れ始めた頃から閉経して体調が安定するまでに顕れる様々な症状を総じて更年期障害と呼びます。

Copyright (C)更年期障害になってしまったら?知っておきたい更年期障害のこと All Rights Reserved